一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description

すこやかキッチン

バックナンバーはこちら

vol.5 冷え性対策レシピ

寒い季節、手や足の冷たさを感じる方も多いと思います。体の内側から温める食材をつかったバランスの良い食事で“冷え性”を改善していきましょう。

冷え性対策には血液の循環を良くする栄養素の摂取が何よりも大切です。良質のたんぱく質をしっかりと摂り、血液の流れを良くするビタミンEや、酸素を全身の細胞に送り届ける鉄分の摂取に気を配りたいものです。鉄分の吸収を高めるためにビタミンCも忘れずに摂りましょう。ビタミンEは植物油、種実類、緑黄色野菜、うなぎなどに多く、鉄分は肝臓(レバー)、貝類、豆類、緑黄色野菜、ひじきなどに多く含まれます。また、季節の食材のかぶ、ねぎ、かぼちゃや、生姜、唐辛子などの香辛料、鶏肉は体を温める効果が高いと言われています。季節の野菜を蒸して調理するホットサラダも、ビタミンCが多く、冷え性対策におすすめです。りんごと生姜、シナモン入りホット紅茶と一緒にいただくと、ほっこりと幸せな気持ちになると思います。

冬の献立 魚介類が主菜の3品

1食 一人分エネルギー575kcal たんぱく質30.8g 食塩相当量3.0g ビタミンC 65mg
「海老ときのこのアヒージョ」一人分 エネルギー421kcal たんぱく質22.1g 食塩相当量2.2g ビタミンC 9mg 「ホットサラダ(鶏むね肉、れんこん、ブロッコリー、人参、さつまいも)・黒ごまドレッシングがけ」「りんごと生姜のホット紅茶」
海老ときのこのアヒージョ

Recipes Movie

海老ときのこのアヒージョ

※ブラウザが最新のバージョンでない時、動画を再生できない場合がございます。
素材 2人分
海老 6尾(80g)
ほたてがい(貝柱) 2個(60g)
エリンギ 1/2パック(50g)
マッシュルーム 4個(60g)
にんにく(みじん切り) 2かけ(20g)
唐辛子(小口切り) 1本分
ルッコラ 20g
小さじ1/4
オリーブオイル 大さじ3
胡椒 少々
フランスパン 120g
作り方
  1. ①海老は下処理し、ほたてがいは横半分に切る。
  2. ②マッシュルーム、エリンギを食べやすい大きさに切る。
  3. ③ルッコラは食べやすい大きさにちぎっておく。
  4. ④フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子、塩を入れて加熱する。
  5. ⑤にんにくが色づいてきたら、②を加え全体にオリーブオイルをなじませる。
  6. ⑤にんにくが色づいてきたら、②を加え全体にオリーブオイルをなじませる。
  7. ⑥①を加え、弱火で5分くらい煮て、火が通ったら胡椒をふり、ルッコラを加えて火を止める。
  8. ⑥①を加え、弱火で5分くらい煮て、火が通ったら胡椒をふり、ルッコラを加えて火を止める。
  9. ※殻をむき、背わたを取って水洗いで臭いを消しておく。
海老とほたてがい、きのこの旨みがたっぷりの、辛みの効いたオリーブオイルソースはパンにつけてしっかりいただきましょう。体も温まります。

このレシピを印刷する

PROFILE

栄養士プロフィール

網谷陽子
  • ・管理栄養士
  • ・日本糖尿病療養指導士
  • ・高血圧・循環器病予防療養指導士
網谷陽子
  • 日本女子大学家政学部食物学科卒業
  • 都立立川短期大学 病態栄養研究室 助手
  • 商品科学研究所 食分野 研究員
  • セゾン総合研究所 消費社会研究
  • 東京都立多摩職業能力開発センター八王子校
  • 介護サービス科 講師
  • 東京誠心調理師専門学校
  • 栄養学 講師
  • 公益財団法人結核予防会 総合健診推進センター
  • 生活習慣病予防推進課 特定保健指導 糖尿病指導
  • 現在に至る
  • 合同会社 生活習慣病予防研究センター 上席研究員
  • 現在に至る
  • 東京都栄養士会 理事
  • 2009年~2012年
  • 東京都栄養士会 地域活動部会 部会長
  • 2010年~2012年
飯田和子
  • ・栄養士
  • ・調理師
  • ・国際薬膳師
  • ・中医薬膳専門栄養士
  • ・キッズキッチン協会認定
    インストラクター
飯田和子