一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description

すこやかキッチン

バックナンバーはこちら

vol.1 ストレスに強い体作りレシピ

日常的にストレスを感じる人は男女共に6割以上いるという調査結果があります。春からの新しい出発に少し慣れてきて、心身共に疲れがでる人も多いと思います。そんな時、体のストレス、心のストレスを発散させる元気アップレシピはいかがでしょうか?

ストレスに強い体づくりのための基本は1日3食、きちんとおいしいものを楽しくリラックスして食べることです。そんな食事のリズムが何よりも大切です。ストレス時は良質のたんぱく質を十分に摂ることが大切で、ストレス対抗ビタミンともいわれているビタミンCもいつもより多めに摂りましょう。今回は低脂肪でアミノ酸バランスのよい牛肉の赤身肉と、ビタミンC、カロテン、ビタミンEが豊富なパプリカを使用した主菜です。1品でビタミンCは1日の推奨量の約2倍摂れます。季節の野菜と雑穀、果物、乳製品の揃った栄養バランスの良い1食は明日からの元気を約束します。

お肉が主菜の春の献立

1食 一人分エネルギー676kcal たんぱく質30.6g 食塩相当量3.0g ビタミンC206mg
「パプリカの牛ひき肉詰め・柑橘ソース添え」一人分 エネルギー267kcal たんぱく質20.3g 食塩相当量2.1g ビタミンC190mg「野菜スープ(もやし、新人参)」「グリンピースと雑穀(もち大麦、キヌア)入り季節のごはん」「バナナとアボカドのヨーグルトかけ」
お肉が主菜の春の献立

Recipes Movie

パプリカの牛ひき肉詰め・柑橘ソース添え

素材 2人分
牛ももひき肉 150g
玉ねぎ 1/4個(60g)
じゃがいも 1/2個(50g)
パプリカ 大2個
オリーブオイル 大さじ1
小さじ1/2
胡椒 適量
ナツメグ 適量
小麦粉 適量
アスパラガス 2本(40g)
たけのこ(茹で) 60g
柑橘ソース
オレンジ(柑橘)果汁 大さじ4
食塩 小さじ1/6
米粉 小さじ1
作り方
  1. ①玉ねぎはみじん切り、じゃがいもはざく切りにして茹でる。
  2. ②パプリカは半分に切り、内側に小麦粉をふる。
  3. パプリカは半分に切り、内側に小麦粉をふる。
  4. ③ボウルに牛ももひき肉を入れ、塩、胡椒、ナツメグを加えてよくこねる。
  5. ④③に玉ねぎを加えて混ぜた後、最後にじゃがいもをつぶすように混ぜ、②に詰める。
  6. ⑤フライパンにオリーブオイルを入れてあたため、詰めた面を下にして蒸し焼きにする。
  7. フライパンにオリーブオイルを入れてあたため、詰めた面を下にして蒸し焼きにする。
  8. ⑥器に盛り、蒸し煮にしたアスパラガス、たけのこを添える。
  9. ⑦柑橘ソースは材料を合わせてレンジで加熱し、とろみをつける。
パプリカは大ぶりのものの方が作りやすいです。牛乳やスキムミルクを少し加えると、臭みが取れ、ひき肉にしっとり感を出すことができます。

このレシピを印刷する

PROFILE

栄養士プロフィール

網谷陽子
  • ・管理栄養士
  • ・日本糖尿病療養指導士
  • ・高血圧・循環器病予防療養指導士
網谷陽子
  • 日本女子大学家政学部食物学科卒業
  • 都立立川短期大学 病態栄養研究室 助手
  • 商品科学研究所 食分野 研究員
  • セゾン総合研究所 消費社会研究
  • 東京都立多摩職業能力開発センター八王子校
  • 介護サービス科 講師
  • 東京誠心調理師専門学校
  • 栄養学 講師
  • 公益財団法人結核予防会 総合健診推進センター
  • 生活習慣病予防推進課 特定保健指導 糖尿病指導
  • 現在に至る
  • 合同会社 生活習慣病予防研究センター 上席研究員
  • 現在に至る
  • 東京都栄養士会 理事
  • 2009年~2012年
  • 東京都栄養士会 地域活動部会 部会長
  • 2010年~2012年
飯田和子
  • ・栄養士
  • ・調理師
  • ・国際薬膳師
  • ・中医薬膳専門栄養士
  • ・キッズキッチン協会認定
    インストラクター
飯田和子