一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description
バックナンバーはこちら
油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ

朝は「パン」、昼は「麺」をテーマに、歳時記を意識しながら、植物油を生かした風味のよい食欲をそそるレシピが食卓を彩ります。
今回の献立をご提供いただいたのは、あの青木絵麻さん。・・・そう、前回の「おうち油レシピ」では、美味しくお酒のすすむレシピが数多く登場しましたが、今回は朝食&昼食として、ひと手間加えて貴方の胃袋をしっかりと満足させることのできるオリジナルメニューを、春夏秋冬の4回シリーズでご紹介いただきます。
食材は身近なものだけれど、どこか、ごちそう感がある・・・。心がほっこりする、気持ちまで豊かになれる献立は、ご家族からも喜ばれるに違いありません。これまでの朝食や昼食とはひと味違う贅沢を、どうぞお楽しみください。

第8回(最終回)「アボガド入り卵サンド」の朝、「牡蠣にゅうめん」の昼
青木絵麻
朝食は、マヨネーズを使わない爽やかなサンドイッチですね?

卵サンドと言えばマヨネーズを組み合わせる方が一般的かも知れませんが、私は油屋ですので・・・(笑)。菜種油の入ったドレッシングで具材を和えることで、風味がありながら飽きのこない卵サンドが出来上がります。辛子バターで味つけしないで「わさびバター」にしたのは、アボガドとわさびの相性がとても良いから。いつもマヨネーズの味に引っ張られがちなサンドイッチも、この味つけにすることで、純粋に卵とアボガドの味覚を堪能していただけるのではないかと思います。マヨネーズってたまに切らせたりしてしまうことがあるので、そんな時にもお試しいただきたいですね。もし菜種油がお手元に無い場合には、お好みでオリーブオイルを使われても問題ありません。フルーツジュースや野菜ジュースと一緒にこのサンドイッチを食していただければ、栄養価のあるヘルシーな朝食メニューの完成です。

昼食は、見るからに身体が温まりそうなメニューですよね?

皆様のご家庭にも、夏の名残の「素麺」がどこかに残っていたりするのではないでしょうか?素麺を温かくいただく「にゅうめん」は、寒い冬場にもってこいですよね。身体が冷えたままだと、免疫細胞も元気に働くことができないと聞いたことがあります。サラダ油で香ばしく焼き上げた牡蠣は濃厚なエキスが感じられ、シンプルながらもごちそう感があるレシピだと思います。牡蠣に合わせる緑色のセリは、丼によく映え良い香りがしますので、焼きネギとともに食欲をそそります。お正月に食べ疲れた胃腸を思いやることのできる一杯ということができるでしょう。

牡蠣の調理方法に一工夫されたと伺いましたが?

牡蠣を焼かずにサッと煮て処理される方も多いかもしれませんが、ひと手間かけると言いますか、牡蠣に片栗粉をまぶしてサラダ油で焼き上げることで、香ばしく、いわゆる“表面カリッと中ジューシー”に、牡蠣のうま味を閉じ込めていただけると思います。通常、素麺つゆは「いりこだし」など薄口タイプで仕上げる方も多いと思いますが、焼いた牡蠣には濃い目の「そばつゆ」の方が良く合います。いずれにしても、ふっくらとした牡蠣のエキスがいい「だし」となって、風邪気味であまり食欲がない時でさえ、お汁まで思わず飲み干したくなるに違いありません。

プロフィール
東京・浅草橋で明治3年より続く、厳選油脂の専門店「金田油店」(金田商事株式会社)の店長で、ニックネームは“油売りエマ”。店舗のみならずネットショップを通じ日本中に油を販売し、“植物油のコンシェルジュ”として要望に応じた油をセレクトしている。様々な植物油の生かし方を簡単料理レシピブログ「油屋ごはん」(※2009年にアスキーメディアワークスより書籍化)にて日々紹介中で、すでに総レシピ数は850を超えている。現在、育児にも奮闘中。

※「金田油店」のホームページはこちらから!
http://www.abura-ya.jp/

アボガド入り卵サンド
材料(2人分~3人分)

ゆで卵・・・4個

アボカド・・・1/2個

バター・・・適量

練りわさび・・・適量

パン(※サンドイッチ用スライス)・・・8枚

<ドレッシング>

菜種油・・・大さじ2

ワインビネガー・・・小さじ2

塩・・・2つまみ

胡椒・・・少々

作り方
  • バターは室温に戻しておき、練りわさびを加えて「わさびバター」にする。
  • ドレッシングのすべての材料をよく混ぜておく。
  • ゆで卵とアボカドを細かく刻み、ドレッシングで和えてペースト状にする。
  • パンの内側にバターを薄く塗り、「3」をたっぷり挟みラップに包んで5~10分程度軽く重しをして休ませる。
  • パンに耳があれば切り落とし、食べやすく切って出来上がり。

アボガドはスライスして挟んだ方が調理は簡単ですけれど、実際は細かく刻んで卵と混ぜた方が食べやすいのでおすすめです。アボガドをすべて食べ切らない時は、少しレモン汁を混ぜておくと変色しないで済みますよ。

牡蠣のにゅうめん
材料

素麺・・・3束

そばつゆ・・・600cc程度(※適宜、水で割る)

牡蠣・・・6個(※お好みの個数で)

長ネギ・・・1/2本

サラダ油・・・大さじ1&1/2

セリ・・・適量

柚子の皮・・・少々

作り方
  1. クレソンたっぷりビーフン
  2. クレソンたっぷりビーフン
  3. クレソンたっぷりビーフン
  4. クレソンたっぷりビーフン
  • 牡蠣は下処理をしてから水気をよく拭き、片栗粉を両面にまぶしておく。
  • 長ネギは4cmの長さに切る。
  • 素麺を茹で、引き上げる直前にセリも加え一瞬加熱する。その後、素麺は流水で洗いザルで水を切っておき、セリは食べやすい大きさに切る。
  • フライパンにサラダ油を引いて長ネギに焦げ目がつくように焼き、続けて牡蠣も焼く。
  • 温めたそばつゆに素麺を入れ、沸いたら器に分け入れ、牡蠣と長ネギ、セリ、柚子の皮を盛り付けて出来上がり。

牡蠣は必ず下ごしらえして「臭み」を抜くようにしましょう。今回は大根おろしで洗いましたが、もし大根が無ければ塩水や片栗粉で洗っていただいても構いません。それから、セリの香りは捨てがたいのですが結構なお値段がしたりしますので、三つ葉で代用いただいてもOKです。

このページを印刷する