一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description
油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ バックナンバーはこちら
油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ

油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ 毎日の夕食、不意のお客様へのおもてなし、晴れの日の献立‥‥、
おうち料理は私たちを健康に保つ上で最も大切なお料理です。そしてどんな料亭やレストランでもかなわないほど豊かなものですね。だから毎日のメニューを考えることは、とても創造的なおしごとです。植物油はそんな大切なおしごとをされる皆の優しいパートナーになりたいと願っています。
でも、どうすればおうちで植物油を上手に使えるの?そんなお悩みにお答えするのが、このコーナーです。
いつものお料理が、何気ない工夫で一段と美味しく、奥深いものに変身するかもしれません。気がつけば、当たり前のような植物油の利用法。 それで、皆様の食卓が、豊かで楽しいものになることを願っています。
レシピをご紹介いただくのは、創業100余年を数える東京・浅草橋「金田油店」のネット部門店長で、植物油を知り尽くしている青木絵麻さん。原料や製法によって香りや味わいがまったく異なる植物油の魅力が、青木さんの自由な発想と旬な食材によって見事に開花しているレシピを、隔月のシリーズでお届けいたします。
いつものスタンダードなお料理も、植物油の選び方や使い方次第で、旬な食材がおいしさを増し、皆様のレパートリーがぐっと増えた印象になるのではないでしょうか。 ぜひ今晩のおかずからチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

[第8回] 猛暑を乗り切る、夏野菜たっぷりメニュー
青木絵麻(あおき・えま)
暑くて食欲が落ちてくる季節ですが、どんなことを心がけると良いでしょうか?

「どれだけ暑くても、野菜類なら比較的食べやすいと思うんです。一品目のメニューは、私がこの季節に良く作っている、夏野菜のグリル焼き。ニンニク&アンチョビにローズマリーを加え、オリーブオイルで和えて野菜に絡めてグリルで焼くだけの簡単メニューですが、ローズマリーとオリーブオイルの爽やかな香りとうま味で、焼いただけの夏野菜がとってもジューシーに変身し、食欲を刺激していきます。カラフルな夏野菜を取り入れることで彩りが良く、テーブルの上がパッと華やぐこの一品は、パーティメニューとしても重宝するのでないでしょうか?ローズマリーとオリーブオイルの組み合わせは、チキンや野菜などグリルの風味付けとしてはもちろん、バゲットに、あるいはパスタにと・・・どんなメニューにでも応用できるので、ぜひレパートリーに加えていただきたいですね」

二品目では「クスクス」と香味野菜などを組み合わせていますね?

「クスクスは、パスタの原料であるセモリナと小麦粉を混ぜて作られる、北アフリカ諸国ではパンと並ぶ主食で、肉や魚と一緒に食べたり、サラダやスープに加えて調理されます。フランスで“タブレ”といえばクスクスのサラダのことですよね。クスクスは、加熱後に乾燥させてあるので、同量の熱湯を加えて短時間加熱するだけで簡単に戻ります。普通に戻しただけでは味がピンと来ないかも知れませんが、熱湯でほぐしながら、植物油でしっかり下味をつけるとコクが出て、野菜類と和えても、全く味がボヤけません。普通のサラダでは物足りないご主人も、二品目のように香味野菜などにクスクスを加えてボリュームを出せば、きっと満足されるのではないでしょうか?」

二品目に登場している「アルガンオイル」について、簡単にご説明いただけますか?

「アルガンオイルは、“モロッコのゴールド”とも呼ばれ、モロッコ王国の砂漠に自生する棘のあるアカテツ科の低木“アルガンツリー”の実を搾った貴重なオイルで、オレイン酸、リノール酸を主体とし、オリーブオイルの約3倍のビタミンEを含んでいます。ほんのり甘く上品ながらも、さっぱりとした味わいが特徴と言えるでしょう。そのまろやかな風味は、ヘーゼルナッツのごとく、そのままパンにつけてもサラダや卵料理やヨーグルトにかけても、美味しくいただけます。また、現地ではアルガンオイルにハチミツとナッツなどを混ぜて、タピオカに絡める美容食がポピュラーで朝食やデザートにおすすめです。アルガンオイルの入手が困難な方は、オリーブオイルでの代用をお願いします」

プロフィール
東京・浅草橋で明治3年より続く「金田油店」(金田商事株式会社)のネット部門店長で、ニックネームは“油売りエマ”。
“植物油のコンシェルジュ”として店頭に立つ一方で、ネットショップの店長としての活躍も目覚ましく、全国イーコマース協議会主催「ベストECショップ大賞2008」で「Eストア賞」を受賞。全国の“お取り寄せ”情報の収集をはじめ、新しい調味料の発見や、美味しい外食店の発掘など、幅広いライフワークを持つ元気人。著書の「油屋ごはん」(発行:アスキーメディアワークス)には、毎日の晩酌にぴったりのおつまみレシピが充実。

油のネットショップ「金田油」のご案内
夏野菜のグリル焼き ローズマリー&オリーブオイル風味
作り方
  • 夏野菜を適宜スライスしておく。
  • ニンニクのみじん切り、アンチョビ、ローズマリーにオリーブオイルを加え、夏野菜とラム肉を漬けて少し馴染ませたらグリルパンで焼く。
  • お好みで、塩とバルサミコ酢をかけて出来上がり。
    材料(2人分が目安)
    • 茄子・・・1本
    • パプリカ(黄)・・・1/2個
    • ズッキーニ・・・1/2本
    • 玉ネギ・・・1/2個
    • トマト・・・1/2個
    • カボチャ・・・スライス4枚
    • ラム肉・・・200g
    • ニンニク・・・少々
    • アンチョビ・・・少々
    • ローズマリー・・・1枝
    • エクストラバージンオリーブオイル・・・大さじ2~3杯
    • 塩・・・適宜
    • バルサミコ酢・・・適量
ポイント“油売りエマ”のひとこと…

「バーベキューにもおすすめなラム肉も一緒に焼いてみました。ローズマリーはフレッシュでもドライでもOK。生タイプは使い切れなかったら、オリーブオイルに漬けて香りを移し、マリネ風に保存しておいてください。」

夏野菜のグリル焼き ローズマリー&オリーブオイル風味
クスクスのサラダ和え アルガンオイル風味
作り方
  • クスクスは同量の熱湯をまわしかけ、蓋をして10分ほど蒸らしておく。
  • 【1】をほぐしながら、みじん切りにした野菜類、塩、レモン汁、オリーブの実、アルガンオイルと混ぜ合せる。
  • 3時間ほど冷蔵庫でよく冷やして出来上がり。
    材料(2人分が目安)
    • クスクス・・・1/2カップ
    • ミント・・・適量
    • イタリアンパセリ・・・適量
    • キュウリ・・・1/3本
    • トマト・・・1/2個
    • セロリ・・・1/2本
    • レモン汁・・・大さじ1杯
    • オリーブの実・・・適量
    • 塩・・・適量
    • アルガンオイル・・・大さじ3杯
ポイント“油売りエマ”のひとこと…

「お好みで蒸し鶏やチーズ、ツナなどを混ぜれば、よりボリュームアップします。ケイパーやピクルスなどをプラスしても良いかも知れません。夏場のビールのお供に最高のメニューと言えるのではないでしょうか」

アスパラガスの味噌和え なたね油風味
このページを印刷する