一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description
油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ バックナンバーはこちら
油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ

油屋店主・青木絵麻のおうち油レシピ 毎日の夕食、不意のお客様へのおもてなし、晴れの日の献立‥‥、
おうち料理は私たちを健康に保つ上で最も大切なお料理です。そしてどんな料亭やレストランでもかなわないほど豊かなものですね。だから毎日のメニューを考えることは、とても創造的なおしごとです。植物油はそんな大切なおしごとをされる皆の優しいパートナーになりたいと願っています。
でも、どうすればおうちで植物油を上手に使えるの?そんなお悩みにお答えするのが、このコーナーです。
いつものお料理が、何気ない工夫で一段と美味しく、奥深いものに変身するかもしれません。気がつけば、当たり前のような植物油の利用法。 それで、皆様の食卓が、豊かで楽しいものになることを願っています。
レシピをご紹介いただくのは、創業100余年を数える東京・浅草橋「金田油店」のネット部門店長で、植物油を知り尽くしている青木絵麻さん。原料や製法によって香りや味わいがまったく異なる植物油の魅力が、青木さんの自由な発想と旬な食材によって見事に開花しているレシピを、隔月のシリーズでお届けいたします。
いつものスタンダードなお料理も、植物油の選び方や使い方次第で、旬な食材がおいしさを増し、皆様のレパートリーがぐっと増えた印象になるのではないでしょうか。 ぜひ今晩のおかずからチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

[第10回] 植物油でみずみずしく味わう、豚肉&冬野菜!
青木絵麻(あおき・えま)
一品目は豚ロースの“漬け焼き”に梨とオリーブオイルを使われていますね?

「旬な梨に新鮮なオリーブオイルを組み合わせた漬けダレにすることで、フルーティな風味と甘味が添えられ、梨に含まれる酵素の働きもあって、とっても柔らかい食感の豚ロースに変身します。韓国風がお好きな方は、ごま油との組み合わせにされてもいいですよ。梨以外では、リンゴや柑橘類を使われても美味しいですね。細切りの梨を薄切り肉でロールするなど、牛肉や手羽先にも合いますけれど、やっぱり豚肉との相性がベストでしょうか・・・。思わず、ワインのコルクを開けたくなる一品だと思いますよ(笑)」

梨というのは、料理においても使い勝手のある存在なんですね?

「たくさん梨をいただくシーズンかと思いますが、梨をただの果物と思われたら少し間違いですね。皮をむいてそのまま食べてももちろん美味しいのですが、サラダに入れたり、焼き物や炒め物にも良いですし、ひと工夫すれば、ご飯のおかずやお酒のお供になるんです・・・。たとえば鴨のローストには、ほんのり爽やかな甘さをプラスしてくれる梨入りのフルーツソースが良く合いますよ。バルサミコ酢やオリーブオイルと組み合わせて、お洒落なフレンチ風のソースに仕上げてみるのも良いかも知れません」

二品目は、冬野菜の甘みを生かした爽やかなサラダですね?

「柔らかな春菊と白菜の柔らかな葉の部分を使った、みずみずしい味わいのサラダです。とくに春菊は、漢方においても古くから回復力や抵抗力を高める“食べるかぜ薬”として珍重されていましたから、寒さが厳しくなるこのシーズンにこそおすすめしたいですね。植物油には綿実サラダ油を使用して、さっぱりとした爽やかな食感を保ちながら、あえて個性を主張することなく、冬野菜のうま味を上手に引き出すようにしました。香り豊かな野菜と、それを引き立てる植物油で、身体ごと浄化されるような一品に仕上がっていると思います」

プロフィール
東京・浅草橋で明治3年より続く「金田油店」(金田商事株式会社)のネット部門店長で、ニックネームは“油売りエマ”。
“植物油のコンシェルジュ”として店頭に立つ一方で、ネットショップの店長としての活躍も目覚ましく、全国イーコマース協議会主催「ベストECショップ大賞2008」で「Eストア賞」を受賞。全国の“お取り寄せ”情報の収集をはじめ、新しい調味料の発見や、美味しい外食店の発掘など、幅広いライフワークを持つ元気人。著書の「油屋ごはん」(発行:アスキーメディアワークス)には、毎日の晩酌にぴったりのおつまみレシピが充実。

油のネットショップ「金田油」のご案内
ポークの梨だれ漬け焼き オリーブオイル風味
作り方
  • (下記の分量を目安に)漬けだれを混ぜて用意しておく。
  • 豚ロース肉(5mm位が目安)は筋を切って包丁の背で全体をたたき、両面に塩・コショウをしておく。
  • 【2】を【1】に15分くらい漬けて、そのまま熱したグリルパンやフライパンでさっと焼いて出来上がり。
    材料(2人分が目安)
    • 豚ロース肉(※生姜焼き用)・・・4枚
    • つけあわせ野菜・・・クレソン、レタスなど適宜
  • <漬けだれ>
    • 梨(※すりおろし)・・・大さじ1杯
    • 醤油・・・大さじ1杯
    • 柚子茶・・・・・小さじ2杯
    • すりおろし生姜・・・小さじ1
    • エクストラ・バージンオリーブオイル・・・小さじ2杯
    • 塩・・・・・少々
    • コショウ・・・・・少々
    • 柚子(※飾り用)・・・・・適宜
ポイント“油売りエマ”のひとこと…

「この豚ロースの漬け焼きは、クレソンやルッコラなどの香り野菜と一緒にサラダにしたり、チーズや辛味噌と一緒にホットサンドの具にしても美味しいんです。ジャムのような柚子茶の甘さと柑橘系の香りも爽やかです。」

ポークの梨だれ漬け焼き オリーブオイル風味
春菊と白菜のサラダ 綿実サラダ油ドレッシング
作り方
  • 洗って水気を切った春菊と白菜は手でちぎり、人参はピーラーでスライスしておく。
  • 【1】をドレッシングで和え、空煎りした松の実をふって出来上がり。
    材料(2人分が目安)
    • 春菊・・・1/2把
    • 白菜(※葉の部分)・・・春菊と同量
    • 人参・・・少々
    • 松の実・・・小さじ1杯
    • <ドレッシング>
      • 綿実サラダ油・・・大さじ2杯
      • 米酢・・・大さじ1杯
      • 塩・・・小さじ1/2杯
ポイント“油売りエマ”のひとこと…

「春菊は葉先まで緑色が鮮やかで、茎があまり太くなく、指で簡単に折れるくらいの固さのものを選びます。ドレッシングはシンプルに米酢に塩を溶かし、綿実サラダ油を注ぎながらもったりさせるだけ。仕上げに松の実を振りかけると、とっても美味しくなりますよ」

春菊と白菜のサラダ 綿実サラダ油ドレッシング
このページを印刷する