一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description

お知らせ

製油産業における環境自主行動計画~平成30年10月16日改訂(一社)日本植物油協会~

 ~製油産業における環境自主行動計画の「2030年度目標」を改訂いたしました。~

 (一社)日本植物油協会では、さる10月16日の会員集会におきまして、地球温暖化防止に貢献するため、平成16年7月に策定し、平成21年5月に改訂した「製油産業における環境自主行動計画」(植物油脂製造業界の「低炭素社会実行計画」)の「2030年度目標」を改訂いたしました。この改訂は「日本の約束草案」に基づくものです。

平成30年10月16日
日本植物油協会

植物油脂製造業界の「低炭素社会実行計画」(2030年度目標)

計画の内容
1.国内の企業活動における2030年の削減目標 目標 CO2排出量   2013年度比6.5%以上削減
CO2排出原単位 2013年度比6.5%以上削減
設定根拠 対象とする事業領域:
植物油の製造及び関連事業
将来見通し:
①当協会は「京都議定書目標達成計画」(平成20年3月)に基づき、
2008~12年度平均を目標年度とする「製油産業環境自主行動計画」を平成21年5月に策定。
⓶計画期間は終了したが、2013年度以降についても、当面(2020年度目標)、
この目標水準を踏襲することとした(平成25年10月)。 
⓷平成26年11月にこの目標水準を2030年度まで延長することとした。
④さらに、この水準を「日本の約束草案」の水準に見直すこととした(平成30年10月)。
基準年:2013年度
100%-401百万トン(2030年度産業部門排出量目安)/429百万トン(基準年産業部門実績)
≒6.5%(削減)
本見直しは、2019年度から適用する。
電力排出係数:
CO2算定の際の電力排出係数は2013年度水準を前提とする
その他:
2.低炭素製品・サービス等による他部門での削減 概要・削減貢献量:
3.海外での削減貢献 概要・削減貢献量:
4.革新的技術の開発・導入 概要・削減貢献量:
5.その他の取組・特記事項 CO2排出量(2030年度):557千トン×(100%-6.5%)=521千トン以下
CO2排出原単位(〃):0.266×(100%--6.5%)=0.249以下
INDEXに戻る

pagetop