一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description

「からだにいいこと9月号」に掲載されました!

良質な植物油が体を変える!自分に足りないオイルは何?“インナーオイル美容”で年々増えるその不調を撃退!

取材・文/市原淳子 撮影/阿部吉泰 スタイリスト/中村麻貴子(料理) ヘアメイク/千葉智子 デザイン/尾澤正樹

油は「量を減らす」から「バランスよく摂る」時代に

美容オイルコンシェルジュYUKIEさん 一般社団法人日本オイル美容協会代表理事。美と健康づくりに貢献するオイル美容のスペシャリスト。

私たちの体の細胞を覆う膜、肌の若さを保つセラミド、女性ホルモンの材料、これらはみんな油からできているって知っていますか?「油は肌を若返らせ、スリムな体型にしてくれる、美と健康に不可欠なもの。種類によって役割があり、油の摂り方で、体はもちろん心や脳の働きも変わってきます」と、美容オイルコンシェルジュのYUKIEさん。「気にするべきは、油の摂取量よりも、必要な種類をバランスよく摂ること。油の構成成分である脂肪酸のバランスが大切です。中でも体内では合成できない必須脂肪酸であるオメガ3※1とオメガ6※2は一般的に1:4の割合が目安といわれています。とくにオメガ3は不足しがちなので、植物油を上手に活用するといいですよ」
 欧米では美容健康管理法としてオイル美容法が定着しており、良質な油の摂取を増やすことが健康につながると考えられているそう。不足している油をしっかり補えば、体の不調解消、美肌への近道になるはず!

※ 1 オメガ3……ヒトの体内では合成できないため、食事から取らなければならない必須脂肪酸のひとつ。代表的なものに青魚に多く含まれるDHAやEPAがある。オメガ3には血管をしなやかにする、血管壁にくっついた悪玉コレステロールを取り除く、善玉コレステロールを増やして中性脂肪を減らすなど多くの重要な作用がある。熱・光・空気に弱く、酸化しやすいのが弱点。
※ 2 オメガ6……必須脂肪酸のひとつ。コーン油、ごま油の他、大豆やくるみなど身近な食品に多く含まれているため欠乏しにくい。血中コレステロールを減らす作用がある。

YUKIEさんが“からこと読者”をカウンセリング!プラスしたい“MYオイル”はこれ 読者3人のお悩みや体質にぴったりのオイルをYUKIEさんに選んでもらいました!

オリーブオイル 主な脂肪酸はオレイン酸。オレイン酸は腸管内に吸収されにくく、お通じを改善する作用があり、抗酸化作用も高いと言われている。昔からがんこな便秘に悩んでいます…… ヨーグルト、はちみつ、納豆を毎日摂っていますがつねに便秘がち。便秘のときは体が重いし、気分もすっきりしないので仕事に対しても前向きになれません。 尾形麻衣子さん(38歳)
えごまオイル 主成分はオメガ3脂肪酸で、血管をしなやかにし、血液をサラサラにするなどの働きや、抗炎症作用でアレルギーを和らげると言われている。 アレルギーと更年期症状を何とかしたい! ぜんそく持ちで、季節の変わり目には咳が出てゼイゼイ。3~4年前から更年期症状で、毎晩のように数回は体が熱くなって目覚めてしまい、熟睡できません。 青木由利子さん(55歳)
アマニオイル 亜麻の種子(アマニ)から搾取したオイル。主成分はオメガ3 脂肪酸。アマニに含まれるリグナンについては女性ホルモンに似た働きが期待でき、ホルモンバランスを整える作用があると言われている。 月経痛にイライラお肌の乾燥も気になります 月経のときは出血が多い日が2日ほど続きます。お腹も痛いし、イライラして息子とぶつかることもしょっちゅう。乾燥肌なのにテカるのも気になります。 原崎朱美さん(45歳)

植物油にはこんなパワーが!2週間試すと体にこんな変化が……

それぞれのオイルの特徴を生かす食べ方をYUKIEさんに教えてもらいました。合わせて、ふだん何気なく摂っている他の油の種類を見直すのもポイント。読者3人がおすすめオイルを2週間摂り続けた結果は?

ヨーグルトにオリーブオイルをかけて!
少しずつでもほぼ毎日出るように。オイル効果に驚き!

上質なオリーブオイルは生で摂るのがベストということで、定番メニューのヨーグルトや納豆に毎日大さじ1プラスするのを習慣に。トマトや全粒粉パンと一緒に摂る日もありました。「オイル生活をはじめる前は、7~10日間出ないことも。そんながんこな私の腸がオイルを摂るとゴロゴロと動き出す気配が!少しずつですが便が出やすくなってきたので、これからもぜひ続けていきたいです」(尾形さん)。

睡眠の質が向上!疲れも便通もよくなり肌もキレイに

えごまオイルの香ばしさを生かして冷や奴の風味づけに。きゅうりの浅漬けや春雨の中華サラダ、納豆にかけたりもしました。忙しい日は大さじ1をそのまま飲むことも。「5日目くらいから睡眠の質がグッと向上し、翌朝にはスッキリ疲れがとれ、とにかく体調がいい!便通もよくなり、肌がキレイになったと友人にほめられました。このまま続けて、春先の喘息症状改善にも期待」(青木さん)。

えごまオイルを冷や奴に
アマニオイルをスムージーにプラス
生理中も薬いらず肌のテカリも乾燥も気にならなくなりました

毎朝飲むスムージー(ケール、オレンジ、りんご、バナナ入り)にアマニオイル大さじ1をプラス。アマニオイルとビタミンC豊富なレモンを混ぜたドレッシングも、抗酸化成分たっぷり。「以前は月経2、3日目がつらく、薬を飲むことが多かったのですが、今回はそれほど痛まず“薬いらず”でした。5日目くらいから肌のテカリも乾燥も気にならなくなり、2週間で体重が0.5kg減ったのも驚きです!」(原崎さん)。

※体感には個人差があります。