一般社団法人 日本植物油協会 社団法人日本植物油協会は、日本で植物油を生産している企業で構成している非営利の業界団体です。

com_img_logo2_description

製油業界10大ニュース

平成23年の製油業界10大ニュース

 一般社団法人日本植物油協会では、毎年、関係メディアの皆様の投票により製油業界10大ニュースを選んでいます。
 平成24年は、異常気象が世界の主要農業生産地帯を襲い、農産物生産が大幅に減少するという状況が生じました。植物油の主な原料である大豆、菜種もその例外ではなく、生産の不調とともに国際価格が急騰することとなり、世界の製油業界にとって厳しい試練の年となりました。
 平成24年製油業界10大ニュースは、そのような事情を反映したものとなりましたが、一方では、皆様のご厚情に支えられて、日本植物油協会は設立50周年を迎えることができた年でもありました。
 平成25年が希望に満ちた年となることを祈って、本年の製油業界10大ニュースをお届けいたします。

順位 項    目
1 シカゴ大豆価格史上最高値を更新し、高止まりで推移
2 アメリカの56年ぶりの大干ばつ、南米の干ばつなどで世界の大豆生産量が大幅に減少
3 大豆搾油量は200万トン割れ、菜種搾油量は昨年をさらに上回る史上最高へ
4 2012年産のカナダ菜種、史上第2の豊作も予想を下回り失望感が漂う
5 原料価格高騰で数次の製品価格改定
6 日本植物油協会、設立50周年を期し一般社団へ移行
7 世界的な価格高で大豆ミールの配合率が低下し、割安感のある菜種ミール配合率が急上昇
8 経済停滞で消費マインドは引き続き冷え込み、植物油価格形成にも影響
9 中国の需要依然として旺盛、大豆輸入量は6000万トン越え
10 年間を通じて超円高が継続
次点 食品表示一元化問題、検討会の報告後も激論が続く

注:油脂に関係する業界紙9社と日本植物油協会会長の投票により選んでいます。

前のページへ次のページへ