植物油に関する使用実態意識調査から

4.植物油の使用状況について

(1) 使用量の増減・今後の利用意向

 <植物油の使用量>

   植物油の使用量が2〜3年前と比較して「増えた」とする人は15年前(2000年度)の調査と比較すると、減少傾向となっ   ていますが、一方で、「減った」とする人は、あまり変化はみられませんでした。年代別では、20代で5割程度が「増え   た」として、逆に60代で5割程度が「減った」とされています。

 <今後の植物油の利用意向>

  今後の植物油の利用意向については「増やしたい」が20代で高く、「減らしたい」は60代で高くなっています。

 <今後の植物油の利用/非利用意向理由>

  「今後植物油を増やしたい人」の意向理由のトップは、「健康によいと思うので」が約8割と突出していいます。

(2) 利用回数・最終処理方法

 <揚げ物に使う植物油の捨てるまでの利用回数>

   揚げ物に使う植物油の捨てるまでの利用回数は約5割の皆様は「1〜2回」で、40代では3回利用されるとされる方が最も   多という結果となりました。なお、「揚げ物をしない」とされる方は、20代では約2割を占めています。

 <使い終わった油の最終処理方法>

   使い終わった油(廃食用油)の処理方法については、「紙などに染みこませて可燃ゴミに出す」が15年前の調査から、   今回に至るまで過半を占めておられますが、「凝固剤を使用して可燃ゴミに出す」の割合が次第に増加傾向となって、   現在、3割となっています。
   年代別でみると、「紙などに染みこませて可燃ゴミに出す」は、30代で割合が高く、「凝固剤を使用して可燃ゴミに出   す」では20代が高くなっています。

PREVMENUNEXT