植物油に関する使用実態意識調査から

2.植物油について

(1) 認知度

 植物油に関してどの程度のご認識があるかのかをお尋ねする認知度に関しては、9割以上の方が、「サラダ油」「ごま油」「オリーブ油」「なたね(キャノーラ)油」「べに花(サフラワー)油」の5種類をご存じでした。また、最近では、「えごま油(しそ油)」「脂肪がつきにくいタイプの油」「ひまわり油」「こめ油」「大豆油」「綿実油」などに認知度が向上しております。


(2) 使用経験

 使用経験率が8割以上となっているのは、「サラダ油」「ごま油」「オリーブ油」「なたね(キャノーラ)油」、一方、使用経験率が向上しているのは 「えごま油(しそ油)」「こめ油」などでした。


(3) 現在使用

 本調査は、隔年実施していますが、前回調査に比べ、使用率が向上しているのは「オリーブ油」「えごま油(しそ油)」。一方で、使用率が若干低下したのは、「サラダ油」「コレステロールが気になる方向けの油」「べに花(サフラワー)油」「グレープシードオイル」「脂肪がつきにくいタイプの油」「コーン(とうもろこし)油」などでした。ただし、もともと使用率がかなり高い「サラダ油」等と低い油との増減比較には限界があることに留意が必要です。


(4) 現在、使用している植物油の使用理由

 現在使用されている植物油の使用理由についてお尋ねすると、油の種類によって傾向が異なりますが、「価格」「健康」「おいしさ・風味」の3要素が使用理由として上位に挙げられています。
 これらの使用理由と油の種類との関係を分析すると、「サラダ油」はいずれかと言えば、「価格」と、「コレステロール・ゼロの油」「こめ油」「べに花油」「アマニ油」「ココナッツ油」「えごま油」などは「健康・栄養」と、「ごま油」は「おいしさ・風味要素」などとの間に比較的強い関係性が存在しており、それぞれの油の使用理由となっていることがうかがわれるところです。


(5) 今後の使用希望

 今後の使用希望を見ますと、前回調査、今回調査とも、3割以上の使用希望率となったのは、「オリーブ油」、「コレステロールが気になる方向けの油」、「ごま油」などですが、前回より、使用希望率が向上したのは、「えごま油(しそ油)」で、逆に、前回との比較で減少したのは、「オリーブ油」「コレステロールが気になる方向けの油」「ごま油」「脂肪がつきにくいタイプの油」「グレープシードオイル」などです。その他、今回新たに調査に加わった「アマニ油」、「ココナッツ油(ヤシ油)」が3割前後の使用希望となりました。


(6) 各植物油のポジショニング

 これまでの使用経験率や現在使用率が高く、かつ、今後の使用希望率が高いものを見ると、「ごま油」「オリーブ油」「コレステロールが気になる方向けの油」「サラダ油」「なたね(キャノーラ)油」などが上位を占めています。
 一方、これまでの使用経験率や現在使用率などは低いが、今後の使用希望率が高いものを見ると、「えごま油(しそ油)」「アマニ油」などとなっています。


(7) 購入時最重視点

 植物油を購入する際、最も重視を置いている視点をみると、「価格」と「健康によさそうなもの」がほぼ均衡して、それぞれ4割に近い高い比率を占めています。年代別にみると20〜40代が「価格」を重視されているのに対して、50〜60代は「健康によさそうなもの」を最も重視しておられます。なお、最近の傾向として、20代は「風味や香り」が他年代と比較して高くなっている点が注目されます。


(8) 年代別傾向

 「ごま油」:全植物油のうち、使用比率の面では最も高く、年代別にみても全世代について8割前後の高い使用比率となっているところです。
 「オリーブ油」:30代、50〜60代の現在使用率が増加しています。
 「サラダ油」:現在使用率は20代が増加していますが、他の年代では使用率、使用希望率とも若干ではありますが減少気味です。
 「なたね(キャノーラ)油」:現在の使用率は、微増傾向にあるものの、今後の使用希望率という点では、全体的に若干ではありますが減少気味となっています。
 その他、「コレステロールが気になる方向けの油」につきましては、使用率、使用希望ともには全体的に若干減少傾向にあります。


PREVMENUNEXT