第30号 植物油INFORMATION

 
2003年度
植物油に関する主婦調査結果発表
 
(社)日本植物油協会では20代〜60代の主婦を対象に
植物油に対する意識、使用実態などに関する調査を定期的に実施しています。
3回目にあたる今回は、従来の首都圏に加え関西圏も対象に、
「サラダ油」や「ごま油」など定番の植物油とともに、
“健康志向の油"の認知や使用意向についても調査しました。

 CONTENTS 

◆植物油に関する主婦調査結果発表
 1.植物油の認知および使用
  ┣オリーブ油はすでに家庭で定番の植物油。機能性植物油も一般家庭で日常的に使用される食用油に
  ┣植物油の認知では年代格差が顕著
  ┣首都圏ではグレープシードオイル、関西圏では綿実油の認知率が相対的に高い
  ┗特定保健用食品の存在は栄養・健康の情報入手に積極的な50代・60代に知られていない
 2.植物油の使用理由・購入重視点
  ┣植物油の種類によって異なる使用理由
  ┗植物油の購入重視点は「価格」「健康」、ラベル表示の「原材料名」にも注目
 3.植物油使用量の変化と今後の使用意向

◆世界の植物油事情 ★マレーシアからの便り
  ┣高い生産性を誇るパーム油
  ┣国を挙げて取り組んだパーム油産業の振興
  ┣幅広い用途を持つパーム油
  ┗パームの多角的利用へ進む研究開発

◆製油業界10大ニュース発表